漢方薬局の薬剤師として働く

薬剤師が漢方薬局に転職したい場合

漢方薬局の薬剤師として働く

日本でも近年積極的に取り入れられるようになってきた健康法の中には、漢方を活用したものも多くあります。 漢方薬局と呼ばれる漢方を取り扱った薬局の数も増えてきましたよね。

漢方といえば中国というイメージが強いかもしれませんが、漢方に興味がある方は漢方薬局で働くことについても考えてみてはどうでしょうか。

漢方と西洋薬の大きな違いといえば、西洋薬が病気の原因に対して働くのに対し、漢方は自己治癒力や免疫力を高めて症状の改善を目指す治療法だということです。

そのため、副作用などの問題がほとんどなく、安心して取り入れることができるということで漢方薬に興味を持つ人が増えています。

そもそも漢方薬とは何かというと、植物や鉱物から作られた生薬です。 料理に使われることがある植物も含まれますが、正しい知識を持って取り入れなければ思わぬ作用をもたらしてしまうこともあります。

漢方はいくつかの種類を組み合わせて取り入れることが多いのですが、その組み合わせはそれぞれの患者さんの症状や状態によって大きく変わってきます。 西洋薬では一人一人の症状に合わせて細かく効き目などを調整することは非常に難しいのですが、漢方薬であればそれが可能になるのです。

患者さん一人一人に合わせて漢方薬の調合を行うためには深い知識が必要となりますが、非常にやりがいが感じられる職種だと言えるでしょう。 日本ではまだまだ漢方薬に関する知識を持っていない人が多いため、正しい飲み方や管理方法についても詳しく説明しなければなりません。

漢方薬を処方した患者さんから質問をされることも多いので、コミュニケーション能力も必要となる仕事だと言えるでしょう。 美容に効果がある漢方薬もたくさんあることから、若い女性の間でも漢方薬がブームになっています。

たくさんのことを学ぶ必要性は出てきますが、薬の処方や調合の分野で活躍したいと思って薬剤師を目指した人にとっては非常に魅力的な職場と言えるはずです。