保健師の自己PRで伝えるべきこと

転職活動や就職活動をする際に欠かせないのが自己PRです。 どの職業でも言えることですが、自分の知識や経験をどのように活かすことができるのかということを伝えるのが一般的ですよね。

保健師の場合も同じなのですが、具体的にどのように自己PRをすればいいのかわからず迷ってしまう人もいるようです。 というのも、保健師という仕事は様々な業務を担当することになるため、どの点を重視して自己PRをすればいいのか難しいからです。

前の職場で重要な役職についていた、責任感の重い仕事を任されていたという人は、それが強いアピールポイントになります。 しかし、面接でそれらのことをしっかりアピールすることができなければ意味がありません。

あまり経験や知識はないけれど自己PRが上手な人と、経験豊富なのに自己PRが下手な人がいた場合、前者が選ばれる可能性が高くなってしまいます。

ただ、実際にどこをどのように自己PRをすればいいかというのは、その人の経験と求人に申し込みをしようと思っている会社によって大きく異なります。 そこで、転職支援サイトを使ってみてはどうでしょうか。

転職支援サイトは求人情報を探すためのものだと思っている人も多いようですが、アドバイスを受けることもできるんです。 転職活動について熟知しているアドバイザーが、どこをどのように自己PRすればその企業に対して効果的なのかをアドバイスしてもらうことができます。

それに、面接に同行してくれるところを選択すれば、面接で緊張しすぎてうまく自己PRできないという場合でも上手にサポートしてもらうことができるはずです。 自分が考えていた自己PRよりも魅力的な自己PRがないか聞きたいという場合にも、転職支援サイトを利用するといいでしょう。

もちろん、自己PRだけでなく細かい面接対策についてもアドバイスをしてもらうことができるので、条件が良い求人を探して面接対策を取るというところまで一貫して転職支援サイトで行うことができます。

メニュー

ページの先頭へ