薬剤師の資格を活かして留学するのもあり?!

海外留学で得た経験を日本の医療現場でも活かしたいですね!

薬剤師の資格を活かして留学するのもあり?!

日本国内だけで薬剤師の経験を積むのではなく、海外でも働いてみたいという現役薬剤師は少なくありません。そもそも、薬剤師の資格を活かして、留学するのはありなのでしょうか。 結論としては、日本で薬剤師の資格を取得していても、その資格だけでは海外で働くことはできないんですね。

そのため、滞在したい国で薬剤師資格を取得し直す必要があります。しかし、どうしても時間が掛ってしまう為、まずは現地の様子を体験してみたいということであれば、ワーキングホリデーを利用すると良いでしょう。

ワーキングホリデービザが取得できる国は限られていますが、様々な経験を積むという意味では、十分だといえます。ちなみに、主な国としては、デンマーク、カナダ、オーストラリア、韓国、ドイツ、イギリス、フランス、香港などです。

尚、日本とは違い、これらの国にはたくさんのドラッグストアが存在し、営業形態も日本にあるドラッグストアとは異なります。 そのため、日本で薬剤師の資格を取得しているということであれば、現地でも雇用される可能性は高いでしょう。

また、できるだけ現場の様子を体験したいということであれば、いくつかの病院で募集しているボランティアに参加してみるのも一考です。 実際に働くことはできないとはいえ、貴重な経験ができますし、関係者と仲良くなることが出来れば、海外の薬剤師事情についても学ぶことができるでしょう。

日本国内には、ワーキングホリデーを得意としている留学斡旋会社が多数存在します。そのため、何を学びたいのかを明確にした上で、いくつかの会社の説明会やカウンセリングに参加してみることをおすすめします。

それと同時に、留学先をすでに決めているのであれば、最近facebookなどで気軽に友達をつくることができますので、仲良くなっておくというもの1つの方法でしょう。

そうすることによって、現地での生活がより充実すること間違いなしです。留学を決めたからといって、すぐに出発することができるわけではありませんが、納得がいくまで準備を進めていくことをおすすめします。