どういったスキルがあれば薬剤師として生き残れるか

薬剤師に必要なのは、信頼できる人間性

どういったスキルがあれば薬剤師として生き残れるか

薬事法の改正により登録販売者制度が出来たために薬剤師の仕事先が減少しています。 そして、薬剤師を教育することで注目されているのが<コミュニケーションスキル>の重要性であります。 ここではどういったスキルがあれば薬剤師として生き残れるかを考えてみましょう。

薬剤師の特徴を示すことばで<医薬品のスペシャリスト>とか<医薬品の専門家>があります。 実際には医薬品を通じ人々をケアする<医薬品の管理者>だと思います。

薬学教育の充実を目的にして六年制が導入した理由のひとつに「これまで不足していた臨床薬学を充実させる」目的がありました。 ひとりひとりの患者様と向きあうことから医薬品が臨床現場で安全に有効に使用されるわけです。 そのためには、コミュニケーションスキルがとても重要になります。

これまでの薬学教育は医薬品の創製を中心に捉えていました。 その結果として使用する患者様の視点がおろそかになっていたのです。 こういったデメリットを克服するために、現在の薬学教育では方針転換されています。

薬物治療をする場合の医療倫理や医療人としての行動や姿勢・知識・機能・技能・責務などにウエイトが置かれています。 このような薬学教育が目標としていることは、一朝一夕に達成できません。 現場の経験を重ねて自然に身についていくことなのです。

文部科学省が提示している薬剤師として求められる基本的な資質を調べてみました。 「豊かな人間性と医療人としての高い使命を持つこと」が記載されています。 「命の尊さを深く認識して生涯にわたり薬の専門家としての責任を持つこと」とされています。

人間の命と健康な生活を守り社会貢献する資質を確保するために次のような項目がリストアップされています。

(1)薬剤師としてのしっかりとした心構えを持つこと
(2)患者様や生活者の目線で考えること
(3)コミュニケーション能力を磨くこと
(4)チーム医療へ積極的に参画すること
(5)基礎的な科学力を身につけること
(6)薬物療法に関して実践能力を身につけること
(7)地域の医療や保健における実践的能力を身につけること
(8)研究能力を磨くこと
(9)自己研鑽を怠らないこと
(10)指導的な教育能力を会得すること――です。

こういった項目は薬剤師として生き残るために必要な資質とされています。 いずれの項目も、あるべき理想的な薬剤師像を追求していく上で欠かすことができないでしょう。