産業保健師の資格について

企業で働く産業保健師になりたいと思った場合、どのような資格を取得すればいいのかというと、実は保健師以外の資格は必要ありません。 つまり、既に保健師の資格を持っている人であれば、すぐにでも産業保健師になることができるのです。

ただ、取得をしておくと面接の際に有利になる免許があります。 それは、第一種衛生管理者というものです。 第一種衛生管理者の免許は保険師であれば申請するだけで取得することができるのですが、この免許を持っている人と持っていない人が面接にきた場合、やはり免許を持っている人のほうが有利となります。

というのも、常に50人以上の労働者がいる事業所では一定数以上の衛生管理者を選定しなければならないからです。 産業保健師の仕事に応募をするために第一種衛生管理者免許が必須というわけではありませんが、この免許を持っていればアピールポイントが増えるというわけです。

産業保健師になりたいけれどまだ何も資格を持っていないという場合は、保健師の資格取得を目指しましょう。 しかし、これは簡単なことではありません。

まず、保健師になるためには先に看護師資格を取得しなければならないため、看護専門学校や看護系の短大で学んだあと、国家資格に合格して看護師免許を取得することが大前提です。

その後、保健師になるためにさらに学校で学び、保健師国家試験に合格する必要があります。 他には、文部科学大臣が指定する大学やカリキュラムを選択し、はじめから看護師国家試験と保健師国家試験の同時合格を目指すという方法もあるので、どちらが自分に向いているのか考えてみてはどうでしょうか。

また、現在は看護師として働いているという人も、キャリアアップのために保健師資格を取得し、産業保健師を目指すのもいいですね。

しかし、苦労して保健師の資格を取得したとしても必ず産業保健師になれるわけではありません。 求人数が非常に少ないため、どうしても産業保健師になりたいという場合は就職活動に時間がかかってしまうことがあるという点についても理解しておきましょう。

メニュー

ページの先頭へ