産業保健師の仕事と役割

産業保健師と言われても、なかなか仕事内容が思い浮かばない人もいるかもしれません。 企業で働く保健師の場合、企業で働いたことがない人からすると何をしているのか想像しにくいですよね。

基本的な仕事としては、産業医と一緒に従業員の健康を守る仕事をすることになります。 健康を守るといっても、仕事の内容は不意の怪我治療だけではありません。 メンタルヘルスケアや健康相談も行うのですが、それ以外にも職場を見て回って危険なところがないかをチェックするというのも大切な仕事です。

大きな企業だったとしても、必ず産業保険師を選定しなければならないというわけではないので、まずは求人情報を探して気になる職場をチェックしてみましょう。 産業保険師の求人がなかなか見つからないという場合は、できるだけ規模の大きな職場を探すのがおすすめです。

社員が300人以上という大きい企業であれば、産業保険師の募集をしていることも珍しくありません。 逆に、社員が数十人ほどの企業で産業保険師の求人情報を探そうと思ってもかなり厳しいです。

大きな企業ほど、一人一人の労働力はとても重要になってきますよね。 また、仕事が忙しいためにストレスを溜めこみ、それが病気や体調不良を引き起こす原因に繋がってしまうこともあるため、忙しい企業ほど産業保険師を置くことが多いようです。

産業保険師は、企業で働く社員のストレスケアやメンタルケアなどもしっかり行える人でなければなりません。 近年は、過重労働の問題が大きく騒がれることもあり、産業保険師の役割は更に大きなものとなっていくでしょう。

実際に、会社や仕事内容に対して不満や悩みを抱えている人はたくさんいます。 そういった人たちのメンタルヘルスケアをすると同時に、職場環境の改善に努めたり、整備について検討・提案をしていくことも大切です。

産業保険師がいたからこそ健康的に働くことができているとい人もたくさんいるので、やりがいを持って働くことができるはずです。

メニュー

ページの先頭へ