薬剤師資格を活かしてDI業務に就く

薬剤師のDI業務とは?

薬剤師資格を活かしてDI業務に就く

薬剤師の資格を活かして働ける仕事の中に、DI業務と呼ばれるものがあります。 DIとはDrug Informationの略で、主に医薬品に関する情報を収集したり、整理をする職業のことです。

ドラッグストアや調剤薬局で働く人にとっては馴染みがない職種かもしれませんが、DI業務を行う人がいなければ医薬品を安全に使うことはできません。

患者さんに対して薬物療法を行う際には、迅速に適切な情報に基づいて治療を行っていく必要がありますよね。 DI業務とは、常に新しいものが開発されて情報が更新されていく医薬品に関する安全性や緊急性のある情報をまとめ、それを管理、提供する仕事です。

インターネットや文献、書籍などから入手した情報の中にはそのまま伝えたとしても伝わりにくいものがあります。 そういったものをわかりやすくまとめて整理し、情報提供をしていくという大切な仕事です。

DI業務では情報を必要としている人に対して分かりやすく情報を伝える必要があるので、コミュニケーション能力も求められます。

どういったところでDI業務が行われているのかというと、代表的なのが製薬会社のコールセンターです。 薬のスペシャリストとして患者さんの疑問に答えたり、求められた情報を提供していくことになりますね。

他には、病院や調剤薬局でもDI業務を担当できる人材が求められています。

医療の世界は日々新しい情報が出回っていますが、そういったものに迅速に反応し、学んでいく姿勢が取れる人でなければDI業務を行うことは難しいです。 また、インターネットを活用して情報を収集したり、パソコンを使ってデータをまとめていくことになるため、パソコンのスキルも必要とされます。

医薬品に関する情報をまとめる仕事ということもあり、当然のことながら小さなミスも許されません。 責任感と集中力も求められる仕事だと言えますが、調剤ではなく情報収集に特化した仕事を担当したいと思っているのであれば、DI業務の求人をチェックしてみてはどうでしょうか。