管理薬剤師になると大変だけどその分やりがいも大きい!

管理薬剤師の業務の実際と兼務は可能かどうか?

管理薬剤師は<薬の取り扱い・販売・製造>に責任を持っている管理者としてのポジションにある薬剤師のことを指します。 「製薬会社」「医薬品卸業」「ドラッグストア」「調剤薬局」「病院保険薬局」など医薬品を取り扱い、製造販売をする箇所には必要不可欠な存在です。
美容外科・美容皮膚科に強い看護師求人サイトは?

ここでは、管理薬剤師の業務の実際と兼務は可能かどうかを説明しましょう。 管理薬剤師は薬剤師の立場から薬事全体のマネジメントを行う専門家です。 仕事内容は薬事管理と事務管理に区分されます。

薬事管理では「医薬品回収の対応」「劇物保管」「市販薬調査」「医薬品及び物品の販売管理・品質管理」「薬局管理帳簿の記載と管理」があります。 事務管理では「薬剤師及び従業員の勤怠管理」「守秘義務」「購買の最終責任者としての業務」「伝票整理と薬事法に基づくファイリング」などがあります。

薬事法第7条では次のように規定されています。 「薬局管理者はその薬局以外の場所での薬事に関する実務に従事するものであってはならない」 また「非常勤の学校薬剤師を兼務する場合や急患センターで働く場合は都道府県知事の許可を受けなければならない」としています。

兼業の禁止と特例の場合は例外として認める場合があることになっています。 管理薬剤師は複数の勤務先で兼務することはできません。 現実的に見ても管理薬剤師の役割と責任は「医薬品」「薬事」「他の薬剤師の監視」「マネジメント」と医薬品取り扱い箇所全体に及びます。複数箇所を兼務するのは実質困難であるでしょう。

このように管理薬剤師は複数箇所や多店舗での兼務を禁止されています。 見方を変えると新規オープンされる薬局では管理薬剤師が必ず必要になりますから固定のニーズがあると言えるでしょう。 管理薬剤師になる特別な資格は設けられていませんから、薬剤師であれば管理薬剤師になれます。
管理薬剤師に強い求人サイトは?

けれども管理薬剤師や医薬品に関する知識だけではこなせません。 勤務先に応じた業務を実践する知識は要求されますし、管理する立場での人間性や医療人としての崇高な倫理観などの資質が求められます。

従来の薬剤師業務にプラスした仕事の範囲は広がりますから充実感ややりがいも見いだせると思います。 管理者としての手当も期待できます。