保健師求人-産業保健師の給料事情

保健師が活躍できる職場は様々ですが、産業保健師として働く場合、どれくらいの給料が期待できるのでしょうか。 産業保健師とは、特定の企業や事務所に勤務する人のことです。 社員が怪我をした場合の応急医療だけでなく、健康診断や普段の健康管理なども行います。
http://www.chickasha-cc.com/kiji3/

大きな企業では産業保健師を雇用していることが多く、そこで働く社員が安心して健康に勤務するために欠かせない存在だと言えるでしょう。 気になる給料についてですが、月給だと平均が25万円から30万円ほど、そして年収は400万円後半からとなっているようです。

がんばり次第では年収500万円後半を目指すことも可能かもしれませんが、一般的には400万円後半から500万円前半で推移していると思ったほうがいいでしょう。

どれくらいの給料がもらえるかというのは、勤める企業によって大きく異なります。 当然、企業の業績がいい時には年収が増えることも期待できますが、逆に業績が伸び悩んだ時には平均以下という状況になってしまうかもしれません。

企業の産業保健師として働く場合には、その企業で働く他の社員と同じ勤務時間や勤務体系となる場合がほとんどです。 しかし、何十人も産業保健師がいるわけではないので、社員数が多い企業で働く場合には仕事内容も忙しくなります。

産業保健師として働きたいと思っているのであれば、まずは求人情報をチェックしてみましょう。 実は、産業保健師の募集自体それほど多いものではありません。
公益社団法人 三重県看護協会

常時50人以上の従業員がいる事業所の場合、必ず産業医を選定しなければならないという規定はあるのですが、保健師に関しては特に定められていないからです。 そのため、大きな企業の中には、産業医はいるものの保健師はいないというところもたくさんあります。

ただ、従業員の健康管理に力を入れている企業では積極的に産業保健師の雇用を行っているので、なかなか求人情報が見つからないという人も根気強く探してみてはどうでしょうか。

看護師求人、土日祝日を休みたい場合は

皆さんは看護師の休日という言葉に、どのようなイメージを持っていますか?休みをとりにくい、不定休、いつも働いている気がする、…そのようなネガティブなイメージを持つ人も多いでしょうか。

実際おやすみは平日以外では取れず、ごく普通のOLのように土用日曜祝日休みなんて夢のまた夢…という人も多いかもしれません。

ですが最近では土日祝日を休日にしたい、という看護師さんの希望に合わせて、週末休みの病院も増加しつつあるようです。とはいえ看護師さんみんなが休んでしまったら、病院が困ってしまいますよね。

ですから、土日祝日も勤務する看護師さんは必ずいます。そんな中、自分だけ希望を出して、週末や祝日に休みをとりたい、とは言いにくいものです。やはり始めが肝心でしょう。転職する際に、土日祝日を休ませてもらう、という条件で雇用されれば、堂々と休むことが叶います。

では、土日や祝日を休める病院をどうやって探せばいいのかというと、やはり効果的に探すのであれば、看護師専用の転職サイトを利用することです。

ネットで検索すると、看護師の転職サイトはたくさん見つかりますので、その中から自分が使いやすいサイトを選び、登録してみてください。ひとつよりも、2、3つ選び、複数登録すると、より効果的に探せます。

条件は、土日祝日休みにチェックすること。残念ながら、家の近くでにそのような病院が見つかる可能性は高くないです。自分にとって譲れない条件であれば、他の条件には目をつぶることが、転職成功には大切なポイントになったりします。

転職サイトに登録すると、コンサルタントが担当についてくれますので、自分の希望条件をあらかじめ伝えておきましょう。条件にあった求人を案内してくれます。

他の方法としては、看護師の友人や知人など、周囲の看護師仲間を頼ることもいい方法です。土日祝日休みの病院で働いている看護師がいれば、現在求人が出ていないか尋ねてみましょう。

紹介を貰って働くことができれば、働く側も安心ですし、受け入れる側も心配になることはありません。ですが、紹介をしてもらえそうもない場合は、やはり転職サイトを利用するのがいいと思います。ひとりで探すとなると、手間も時間もかかってしまうからです。

自分らしく働くためにも、上手に看護師転職サイトを利用していってくださいね。

看護師とブランクの不安

看護師として再就職したい人の中には、長いブランクのために自信がないひとも少なくありません。ですが現在世の中では、看護師不足が社会問題になっています。たとえブランクがあったとしても、真摯に仕事に向かい合ってくれる看護師であれば問題がない、という医療施設の方が断然多いです。

とはいえブランクありの人が、たったひとりで新しい仕事を見つけようとするのは難しいかもしれないですよね。このような時に思い出して欲しいのが、看護師に特化した求人サイトになります。

看護師専用求人サイトにエントリーすることで、色々なジャンルの看護師求人をチェックすることが可能になりますし、担当としてついてくれたコンサルタントさんに、抱えている不安や希望条件などを伝えることで、その人にあった求人を紹介してくれます。ブランクがあるひとであれば、「ブランクがあるので久しぶりに勤務することが心配」「最初は短い時間帯で働きたい」などでしょうか。

ブランク持ちの看護師さんのケースでは、ブランク有りでも構わないという病院を見つけることが重要です。殆どの病院ではブランクは気にしないという形になっていますが、転職前にブランクがあるということを伝えておくのがベターといえます。

今まで勤務し続ける人と比べて、久しぶりに復帰する看護師さんは病院で働くということに不慣れですし、医療の進歩によって以前の働き方とはやはり違って来ています。とはいえ看護師さん本人の仕事の向き合い方と、前向きさがあれば、徐々に慣れていくことはできるでしょう。

もしも看護師求人サイト以外の方法で仕事を探したいという場合は、看護師仲間やお友達に、勤務している病院を紹介してもらうのもひとつの手です。

ブランクがある看護師でも受け入れてもらえるかを尋ねて、構わないようであれば同じ病院で勤務できるのが、一番働きやすい形かもしれません。知っている人がいる病院で働くことで、ブランクという不安を無くすことができます。

子育てが一段落して働き始める看護師さんは大勢存在します。ブランクが心配という方は、看護師専用求人サイトのコンサルタントに相談するか、お友達のアドバイスなどを聞いてみるのがいいでしょう。自分はひとりではないということを思い出し、思い詰めないように転職活動をして行きましょう。

メニュー

ページの先頭へ