管理薬剤師の業務の実際と兼務は可能かどうか?

管理薬剤師になると大変だけどその分やりがいも大きい!

管理薬剤師の業務の実際と兼務は可能かどうか?

管理薬剤師は<薬の取り扱い・販売・製造>に責任を持っている管理者としてのポジションにある薬剤師のことを指します。 「製薬会社」「医薬品卸業」「ドラッグストア」「調剤薬局」「病院保険薬局」など医薬品を取り扱い、製造販売をする箇所には必要不可欠な存在です。

ここでは、管理薬剤師の業務の実際と兼務は可能かどうかを説明しましょう。管理薬剤師は薬剤師の立場から薬事全体のマネジメントを行う専門家です。仕事内容は薬事管理と事務管理に区分されます。

薬事管理では「医薬品回収の対応」「劇物保管」「市販薬調査」「医薬品及び物品の販売管理・品質管理」「薬局管理帳簿の記載と管理」があります。 事務管理では「薬剤師及び従業員の勤怠管理」「守秘義務」「購買の最終責任者としての業務」「伝票整理と薬事法に基づくファイリング」などがあります。

薬事法第7条では次のように規定されています。 「薬局管理者はその薬局以外の場所での薬事に関する実務に従事するものであってはならない」 また「非常勤の学校薬剤師を兼務する場合や急患センターで働く場合は都道府県知事の許可を受けなければならない」としています。

兼業の禁止と特例の場合は例外として認める場合があることになっています。管理薬剤師は複数の勤務先で兼務することはできません。現実的に見ても管理薬剤師の役割と責任は「医薬品」「薬事」「他の薬剤師の監視」「マネジメント」と医薬品取り扱い箇所全体に及びます。

複数箇所を兼務するのは実質困難であるでしょう。もし、管理薬剤師を志望しているものの、現在の職場では職務上難しいという場合、職場の上司に職務の変更を申し出るか、転職するしかないでしょう。下記のサイトでは、薬剤師の転職支援サイトを紹介していますので、参考にしてください。

このように管理薬剤師は複数箇所や多店舗での兼務を禁止されています。 見方を変えると新規オープンされる薬局では管理薬剤師が必ず必要になりますから固定のニーズがあると言えるでしょう。 管理薬剤師になる特別な資格は設けられていませんから、薬剤師であれば管理薬剤師になれます。

どんな知識が必要なの?


管理薬剤師や医薬品に関する知識だけではこなせません。 勤務先に応じた業務を実践する知識は要求されますし、管理する立場での人間性や医療人としての崇高な倫理観などの資質が求められます

従来の薬剤師業務にプラスした仕事の範囲は広がりますから充実感ややりがいも見いだせると思います。 管理者としての手当も期待できます。

<関連サイト>
長崎県薬剤師会
長崎県の薬剤師会HPです。地域の薬剤師のための情報発信のほか、薬の相談コーナーなど地域の人々への医薬品情報の啓発活動を行っています。

薬剤師が転職する理由とは?


薬剤師の転職には人それぞれの理由があります。
生活環境が変わると、今まで勤めていた職場では通いづらい、
勤務時間が合わないなどといった問題が発生します。

また、もっと年収を高くしていきたいと思うと、もう少し給料がいいところに・・
というのも転職の理由にはなりますね。

求人情報誌でも、薬剤師の求人は掲載されています。
資格があるものですから、それなりに求人数は揃えられているのではない
でしょうか。しかし、条件面などはしっかりと確認してくださいね。

転職を決めてから、勤務時間や残業があるかないか、給料額の違いなどが
あっては大変です。後から違うと言っても仕方がないことも多いので、
雇用される前に確認できるのがベストです。

薬剤師の転職は、できるだけ薬剤師の求人を専門で行っている転職サービスで
探すほうが効率がいいと思います。
薬剤師専門のほうが、良い人材を見つけられると雇用側も思っているので、
良い職場が見つかりやすいですよ。

薬剤師の場合は、地方では求人がたくさんあります。地方の医療機関では
薬剤師が常に不足しているためです。
Iターン・Uターンでの就職や転職はわりとスムーズに決まっていきますよ。

慢性的な薬剤師不足を解消させるためにも、地方で転職をするという手も
あります。

そのほか、製薬会社などでも薬剤師は募集していて、給料も待遇もいいかも
しれません。しかし、その分責任は重くなって働きずらくなる可能性もあります。
同じ薬剤師でも働く場所で役割も変わってきます。

自分が思ってきた薬剤師の理想像とその職場での自分は同じなのか、
など考えてみてください。
自分自身に合った長く働ける職場を探してくださいね。

職場を探すときのポイントとしては、ずっとその職場で勤めることを
考えて職場は決めるようにするということ。

勤めている職場を簡単な理由で仕事を辞めるような無責任な大人では、
社会人としてまず考えなおさなければなりませんよ。
そのためにも、良い職場にまずは出会うことが大切です。

薬剤師になるためにはどうしたらいい?


薬剤師は薬のプロで専門家です。医療には欠かせない存在ですね。
では、薬剤師はどうしたらなれるのでしょうか。

まずは学校です。薬剤師になるためには、大学の薬学部を卒業する
必要があります。国公立でも私立でももちろん大丈夫ですが、
国公立の方が合格率は低いため、やはりしっかりと勉強しておかなく
てはなりませんね。

薬学部を無事に卒業できると、国家試験を受けます。
これは毎年3月に行われていますので、その国家試験に合格を
しなくてはなりません。

合格してやっと、薬剤師免許証をもらうことができるので、
卒業した時点で薬剤師になれるわけではないのです。

薬学部は大学だとはいえ、一度社会人に出てから薬剤師になるべく
勉強している人もたくさんいます。
やはり資格を持てるというのは魅力的な職業ですよね。

そのため、薬学部は年齢層がわりと高めではあります。
同じ大学でもちょっと違う雰囲気になっているでしょう。
社会人で薬剤師を目指している場合、働きながら勉強をしている
人が多いです。

仕事をして勉強もしなくてはなりません。寝る時間を削っても
頑張って勉強するのですから、かなり大変です。

眠くても勉強しなきゃ・・なんていうちょっと辛い時代が続くかも
しれませんが、それでも薬剤師になって第二の人生を、
と考えている人も多いみたいですよ。

めでたく国家試験に受かったら就職活動をしなくてはなりませんね。
しかし、新卒の年齢ではないとそれも大きなハードルとなってしまいます。

薬剤師は薬剤師専門の求人サイトを活用するといいですよ。
そのほうが確実で仕事も決まりやすいです。
求人はインターネットで気軽に職場を探すことが可能です。
また、コンサルタントがついてくれますので、希望に合う求人が
ありそうかを調べてくれます。

薬剤師も働く場所は幅広いため、自分はどこの職場がいいのか
わからないまま職場を探している人もいますので、コンサルタントに
職場を紹介してもらえるというのは気持ち的に楽だと思います。

薬剤師として働けるためにはいくつも乗り換えなくてはならない
壁はありますが、頑張って薬剤師になりましょう。

アルバイト薬剤師求人に向いている人は?


薬剤師という職業が向いている人はどのような人なのでしょうか。

まずは、医療業界で働いているという自覚をしっかりと持てる人であるということ。
薬剤師が薬を患者さんへ処方します。その薬を飲むことで、患者さんの病気が
治ったり、ひどくならないように維持しますよね。

その一方で、間違った薬を飲んだり、用法用量を間違えてしまうと、
身体によくありません。薬の存在がどれだけ大切なものであるかを
理解できる人でなければなりませんね。

続いて、人を思いやれる人であるというのも大事な点です。
調剤の際には色々な患者さんが訪れます。
長年の慢性的な病気の人もいれば、急な風邪などでしんどそうな患者さん
もいるでしょう。

患者さんの話を聞いて、薬のアドバイスなどもしっかりとしなくては
なりませんから、ある程度のコミュニケーション力や思いやりも大切です。

そして、常に上を目指しているような向上心があるかどうかです。
薬剤師になるためにはかなり勉強をする必要があります。しかし、
薬剤師になったから勉強はそこで終わりというわけではありません。

進歩していく医学についていかなくてはならないので、常に勉強をして
いかなくてはならないのです。それと同時に集中力を必要とします。

勉強での集中力はもちろん、薬剤師として働いている時に集中力が切れて
ミスしてしまうなんてありえません。

処方箋の薬を間違えるなんてことがあっては絶対にいけませんから、
集中できる力が必要ですよ。

最後に、収入面で高収入を望んでいないこと。
薬剤師は高収入というよりかは、安定した収入がある職業です。
それほど高い額のお給料が貰えるわけではないので、そのあたりは
覚悟しておかなくてはなりません。

しかし、薬剤師の資格はどこへ行っても使えますし、薬剤師不足の
今は転職などでも有利に働きますので、安定した収入は望めると思います。

向いている向いていないはこれだけで判断できませんが、どの職業にも
向いている人と向いていない人は分かれてしまいます。
薬剤師を希望している人は参考にしてみてください。